軽乗用車「タント」をフルモデルチェンジ


ダイハツ工業は、軽乗用車「タント」をフルモデルチェンジし、2019年7月9日に発売いたしました。

 
タントは2003年の発売以来、圧倒的な室内空間の広さと使い勝手の良さにより、スーパーハイト系という新市場を開拓。2代目では軽自動車初のピラーインドア「ミラクルオープンドア」を実現し、2013年に発売した3代目では両側パワースライドドアを採用。幅広い世代からご好評いただいている、ダイハツの基幹車種です。

 
4代目となる新型タントは「新時代のライフパートナー」をキーワードに、すべての世代のお客様のニーズにお応えする、良品廉価な商品としました。タントならではの室内空間の広さに加え、「ミラクルオープンドア」を生かした新しい使い方「ミラクルウォークスルーパッケージ」を実現し、使い勝手の良さをさらに向上。さらに、世界初の運転席ロングスライドシート(最大540mmスライド可能)を採用したことで、運転席と後席間の移動や、ピラーインドアから運転席への乗り降りの利便性を向上。全方位で大幅に機能と性能を進化させています

 
また、「次世代スマートアシスト」として、充実した先進・安全装備を採用。世界最小のステレオカメラによる予防安全機能「スマートアシスト」に、運転支援機能「スマートアシストプラス」を加え、全15個の機能を採用。従来からの「衝突警報機能」「衝突回避支援ブレーキ機能」「車線逸脱警報機能」「先行車発進お知らせ機能」「オートハイビーム」に加え、「車線逸脱抑制制御機能」、ハイビームで走行中に対向車を検知すると対向車の部分のみ自動で遮光する「ADB(アダプティブドライビングビーム)」(軽自動車初)、「ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)」、「全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」「LKC(レーンキープコントロール)」などを採用しました。

 
また、新型タントは、ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」による第一弾商品として、サスペンションアレンジを最優先で開発し、骨格の部品配置をゼロベースで再構築した軽量高剛性プラットフォームを新開発。曲げ剛性を従来比で約30%向上させるとともに、ボディ骨格全体で約40kgの軽量化を、足回り全体で約10kgの軽量化を実現しました。

 
また、世界初となるスプリットギヤを用いた新技術を採用した新CVTを採用。従来CVT同様の「ベルト駆動」に加え、より伝達効率の良い「ベルト+ギヤ駆動」が可能に。高速域では「ベルト+ギヤ駆動」となり、伝達効率を約8%向上。変速比幅をロー側、ハイ側ともに広げ、従来の5.3から7.3まで拡大(新型タントではハイ側は6.7まで使用)することで、低速域でのパワフルでスムーズな加速(加速度を約15%向上)と、高速域での低燃費で静かな走りを両立しました。

 
エンジンに関しても大幅に改良。日本初となる複数回点火(マルチスパーク)の採用や、燃料噴射方法の改良(スワール噴霧)により、燃焼効率を向上。車体に沿ったスムーズな風の流れを実現したことや、製造作業用の穴の数を減らすとともに、防音材を最適配置したことで、風切り音や路面走行音などの車内への侵入を低減しました。

 
ボディカラーについては、好みやライフスタイルに合わせて選べるよう、タントには新色マスタードイエローマイカメタリックやアイスグリーンを含む全9色を設定。タント カスタムには新色シャイニングパールホワイトやパールブラックを含む全8色と、2トーン3色を設定。さらに、タント カスタムには、世界観の広がりを表現する5つの用品パッケージを設定しています。

詳しくは、駄知ダイハツまでお問い合わせください。