BLOG 新型「マツダ デミオ」の販売好調

image-s.jpg

マツダ デミオ「13-SKYACTIV」

新機種「13-SKYACTIV」好評、発売後1ヵ月で月間販売計画の2倍超を受注

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、6月30日に発売した新型『マツダ デミオ』の累計受注台数が、発売後1ヵ月(*1)で、月間販売計画6,000台の2倍以上となる13,500台に達し、好調な売れ行きとなっていると発表しました。

 また、『デミオ』の7月単月での車名別国内新車登録台数が1万台を超えました。マツダ車で1万台を超えたのは2004年3月の『デミオ』以来、7年4ヵ月ぶりとなります。

 走りの楽しさと、30.0km/L(10・15モード燃費)、25.0km/L(JC08モード燃費)の優れた燃費性能を両立させた新グレード「13-SKYACTIV」の販売構成比(*2)は当初の計画60%を上回り、70%で推移しています。

 新型『デミオ』の購入層は、独身男女および大きなサイズの車からコンパクトカーに乗り換える40代以上のお客様が中心です。主な好評点は、「優れた燃費性能」「技術の先進性」「室内の静粛性」であり、お客様からは「ガソリンエンジンのみで30km/Lの燃費は非常に魅力的」「ガソリンエンジンの可能性を追求する姿勢に共感」という声を頂いております。

 マツダの稲本信秀(いなもと のぶひで)常務執行役員(国内営業・法人販売担当)は、「今回、市場投入した新型『デミオ』が、販売計画を大きく上回り、多くのお客様のご支持を頂き大変感謝しております。マツダの新世代技術『SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブ テクノロジー)』も高く評価されており、この好調がマツダの国内販売をけん引するものと確信しています。また、今年の秋に発売する新型『マツダ アクセラ』、来年発売予定の新型クロスオーバーSUV『マツダ CX-5』にも順次『SKYACTIV TECHNOLOGY』が搭載されます。ご期待ください」と述べました。

  • (*1) 7月31日現在
  • (*2) 新型「マツダ デミオ」に占める割合。(レンタカーなどを除く)

<< 前の記事  | HOME | 次の記事 >>

 

マツダオートザム 土岐

ラインアップ | 中古車 | ブログ | アクセス | 会社概要 | リクルート | 個人情報保護に関する基本方針

中根モータース